花と自然の散歩道 katorea88.exblog.jp

katorea(JG3LTQ)の花と自然の散歩道で、花や風景写真、自然現象等の写真がお気に入りです。


by katorea88
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ベニバナアセビ「紅花馬酔木」「俳句」・・・”鈴なりや 馬酔木の花の おちよぼ口” ~♪

今日も穏やかなお天気でしたね。寒さも和らぎ一雨事に春の訪れを感じられる季節になりましたね。
今日、スーパーに行く途中の民家の玄関前で春を告げる可愛らしい、壺状の吊り下がるように咲いている鈴なりのほんのりとピンク色の「紅花馬酔木」に目を惹きました。盆栽で花木の姿も素敵で春の訪れを感じ嬉しいでした。一句詠みました”鈴なりや 馬酔木の花の おちよぼ口”「ツツジ科」で原産地は東南アジアで有毒で馬が食べると足がしびれる事からこの名がつきました。白やピンクの壺状の花を穂のように付け、垂れ下がって咲くさまは優雅ですよね。特に茶庭にふさわしい花だと思っています。「絵手紙」は2009年2月24日に描いています。奈良公園では鹿も食べないのであちこちで見られます。

4月4日の「誕生花」で「花言葉」この身を捧げます。
愛情や友情を大切にします。堅苦しいタイプではなく、ひようきんで他人をわらわせるのが好きです。潤滑油のような存在ですが、時々軽く見られることも。みんながあなたに甘えていばったり、かってなことばかり言う時は、しばらく身を隠してみては。あなたのいない寂しさが分かるはずです。

古都・奈良では3月1日から14日まで春を呼ぶ東大寺・二月堂の「お水取り(修二会)」の本行が行われます。12日は篭松明が12本あがりクライマックスを迎えます。童子の振るお松明の火の粉を浴びると無病息災でいられると言われています。お水取りが終わらないと古都・奈良には春は来ないと言われています。
もう暫くの辛抱です。華やぐ春近しですね~♪
[PR]
by katorea88 | 2013-02-26 22:10 |