花と自然の散歩道 katorea88.exblog.jp

katorea(JG3LTQ)の花と自然の散歩道で、花や風景写真、自然現象等の写真がお気に入りです。


by katorea88
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

絵手紙・・・秋・・・ソニコウゲン(曽爾高原)・・・ナンバンギセル(南蛮煙管)・・・ハマウツボ科

f0124098_10492146.jpg皆さんおはようございます。先日、奈良県・宇陀郡・曽爾(そに)村、標高(810M)のススキの名所、曽爾(そに)高原にススキの一面の銀世界を見に訪れました。今年は早いせいかススキの穂がまだ開いていないのも見受けられました。高原の一面のススキやお花や昆虫に出会え、山頂から眺める景色はとても素晴らしくて感激しました。山頂から下りる途中、夕暮れからお亀池の周囲の灯篭に灯りが点され幻想的でした。曽爾高原に来られた事に感謝します。今日は曽爾高原のススキの根元で寄生する煙管に似たユニークな「ナンバンギセル」(別名)「思草」と「ススキ」をデジカメで撮影し、絵手紙に描きました。葉緑素を持たず、全体が淡い紫色をしています。茎はごく短く、通常、地上には出ないです。7月~10月頃に長い花柄を地上に伸ばし、筒状で淡い紫色の花を横向きに付けます。ナンバンギセルは花と花柄を煙管に見立てた名前です。園芸店ではススキなどの根元に種をまいて栽培されたものが売られています。「俳句」「米谷静二」”南蛮煙管 月日いよいよ 疾くなりぬ”「花言葉」・・・(遠距離恋愛)だそうです。ブログ右上の写真は先日訪れた曽爾高原で撮影して頂きました。
[PR]
by katorea88 | 2007-10-17 11:53 |