花と自然の散歩道 katorea88.exblog.jp

katorea(JG3LTQ)の花と自然の散歩道で、花や風景写真、自然現象等の写真がお気に入りです。


by katorea88
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:果物( 5 )

今日(10月26日)は明治の俳人、正岡子規が「柿くへば 鐘が鳴るなり 法隆寺」(明治28年)詠んだとされる日です。大阪~奈良に入った子規は「對山楼(たいさんろう)」現在の日本料理店(天平倶楽部)に宿泊、ここで旅館の少女に柿をむいてもらい、その美味しさと、居場所の快さにひたっていると、東大寺の鐘が鳴ってこの句を詠んだと言う事です。奈良県は柿の収穫量が全国2位、古くか秋の味覚を代表する果物として愛されています。「古事記」「日本書紀」にも「柿」の文字が、人名、地名に登場しています。柿は風邪の予防や美肌にもよいビタミンCがみかんの2倍あり、果実の王様と言われています。今日、近所のアンテナショップへ明日は母の月命日なので両親のお仏壇にお供えするお花を買いに行くと、店頭で柿の試食がありました。とっても甘くて美味しいでした。店内でお花を買いレジーに持って行くと1000円以上買ったお客様に「奈良の柿」のサービスがあり戴きました。先日「天平倶楽部」で懐石料理を頂いた折に本物の柿のへたの付いた生菓子があしらっていました。隣の「子規の庭」では、正岡子規が詠んだ「柿」がたわわに実っていました。フジバカマにはキチョウが花から花へと楽しそうに舞っていました。紅葉が見頃の時期に再び訪れる予定です。
絵手紙には、(子規の庭)の「柿」を2011年10月19日に描いています。
[PR]
by katorea88 | 2012-10-26 19:48 | 果物
f0124098_23212246.jpg
昨日奈良公園周辺を散策して来ました。紅葉が始まり、民家ではたわわに実った柿が見られて、秋の風情が感じられる季節を迎え、古里が懐かしく想い出されました。”柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺”「正岡子規」の俳句がありますよね。毎年訪れている、奈良公園付近の「子規の庭」では「句碑」があり、柿がたわわに実っている事でしょうね。柿は栄養価が満点で特に二日酔いに効能があそうです。干し柿、柿なます、デザート、ケーキ等も美味しいです。葉は殺菌作用がありますので「柿の葉ずし」に使用されていますよね。民家の軒下で干されている、つるし柿のカーテン、晩秋の情緒がありお気に入りです~♪
[PR]
by katorea88 | 2011-10-19 23:59 | 果物
f0124098_1356071.jpg
皆さんこんにちは。先日奈良市、大宮通りの民家の方へ秋を探しに散策して来ました。紅葉している木は見あたりませんでした。稲刈りが終わった田園の側で柿の実がたわわに実って落果しているのがありました。デジカメで撮影し絵手紙に描きました。中国原産と言われていますが、日本でも古くから栽培され、日本の秋の風景に彩りを添えています。果実もさまざまに利用され、渋柿は渋を採り干し柿にしたり、甘柿は生食します。果樹品種も多く、甘柿の富有、次郎などが有名です。花期は5~6月頃で、雄花と雌花がありますが小さくて果実程目立たないです。奈良県では西吉野村の柿が有名です。先日、西吉野村の渋柿の王様と呼ばれる合わせ柿「刀根柿(とねがき)」を頂きましたが種無しで甘くて美味しいでした。今日もお元気でお過ごし下さいね。
[PR]
by katorea88 | 2007-10-22 14:41 | 果物
f0124098_14543244.jpg
皆さんこんにちは。今日は昨年他界されました私のお気に入りの「坂村真民」さんの詩です。「かなしみはいつも」”かなしみは みんな書いてはならない かなしみは みんな話してはならない かなしみは わたしを強くする根 かなしみは わたしたちを支えている幹 かなしみは わたしたちを美しくする花 かなしみは いつも枯らしてはならない かなしみは いつも湛(たた)えていなくてはならない かなしみは いつも噛(か)みしめていなくてはならない” 描いたブドウは連想してメルヘンチックに描きました。ブドウも農家の人達が丹精込めて育ててくれたのです。いつも感謝して頂いています。今日も午後の一時をお元気でお過ごし下さいね~♪
[PR]
by katorea88 | 2007-09-28 15:22 | 果物
f0124098_11441736.jpg皆さんこんにちは。古都・奈良のお天気は台風の影響で雨です。昨日組長で近所のお宅を回っていると
プランターに夏になると真っ先に思い出す果物「スイカ」の実が育っているのに目が留まりました。早速帰宅しデジカメで撮らせて頂きました。今日写真を見ながら絵手紙に描きました。原産地は南アフリカです。日本への渡来も古く、なんと平安時代に栽培が始まり、江戸時代に「果実の赤が気持ち悪い」といった理由から一時衰退したものの、今に至る迄ずっと愛されている息の長い果物です。スイカの栄養成分は、たっぷりの水分が夏の渇いたノドに嬉しい美味しさです。ビタミン、ミネラルもバランス良く含まれています。中でも注目したいのがカリウムで体のむくみを取り腎臓に効能だあります。カリウムは利尿作用があり、腎炎や膀胱炎、高血圧にも効能があります。冷え性や下痢の時には注意が必要だが、夏バテ気味の時には積極的に食べましょう~♪今日も午後の一時をお元気でお過ごし下さいね。
[PR]
by katorea88 | 2007-07-13 12:16 | 果物