花と自然の散歩道 katorea88.exblog.jp

katorea(JG3LTQ)の花と自然の散歩道で、花や風景写真、自然現象等の写真がお気に入りです。


by katorea88
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー

<   2007年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧

f0124098_13544426.jpg皆さんこんにちは。先日大台ヶ原・右上写真の大蛇嵓の岩の隙間で鮮やかな「ミヤマアキノキリンソウ」に目が留まりました。デジカメで撮影し写真を見ながら絵手紙に描きました。ミヤマアキノキリンソウは平地~山地に普通見られる高山型、アキノキリンソウと区別がはっきりしない事が多いです。区別するポイントは茎の上の方に固まって付く事です。深山秋の麒麟草は別名「コガネギク」と言う程鮮やかな花ですが、実は嫌われがちな「セイタカアワダチソウ」と同じ属の植物です。良く見ると花のつくりはそっくりです。「花言葉」・・・(幸せな人生)(用心)(予防)だそうです。今日も午後の一時をお元気でお過ごし下さいね。
[PR]
by katorea88 | 2007-08-31 14:20 |
f0124098_1312280.jpg皆さんこんにちは。古都・奈良のお天気は午前中大雨で外気温(24.3℃)で涼しいです。御陵の森でツクツクボウシが鳴いています。先日大台ヶ原・ダイジャクラ「大蛇嵓」の岩の片隅で咲いていたあまり目立たない小さな唇形の「ミヤマママコナ」(深山飯子菜)をデジカメで撮影し写真を見ながら絵手紙に描きました。山野や、やや乾いた林下に生える半寄生の1年草で高さは20~50㎝、葉は対立し、長卵形です。7~8月に長さ16~18ミリ前後の紅紫色の唇形の花を咲かせます。花の内側の隆起が黄色いです。珍しい花だそうです。今日も午後の一時をお元気でお過ごし下さいね。
[PR]
by katorea88 | 2007-08-29 13:34 |
f0124098_8223259.jpg皆さんおはようございます。先日(8月25日)に奈良県・吉野郡・上北山村の大台ヶ原へ行って来ました。夏休みで駐車場は満車でした。大台ヶ原は標高1600mの高原地帯、我が国を代表する原始林で、年間降水量5000ミリと言う世界有数の雨水量で、他では無い自然の造形を見る事が出来ます。吉野熊野国立公園の中でも特に規制の厳しい特別保護地区に指定されています。未開の原始林はモスフォーレストと呼ばれるコケの多い林や壮大で水量豊かな渓流と滝等を生み出しています。野生動物や、植物の宝庫となっていて、笹や白い枯れ木の倒木、カモシカや野生の日本シカや珍しい植物の四季の姿を観察する事が出来ます。大台ヶ原駐車場~日出ヶ岳三角点(標高1694,9m)山頂~正木ヶ原~牛石ヶ原~大蛇嵓~駐車場迄6kmを写真を撮りながら登山しました。大台ヶ原と言えば大蛇嵓(ダイジャクラ)で絶壁で岩が凄くて怖く足がすくみました。今日は日出ヶ岳山頂で咲いていた鮮やかな青紫色の「カワチブシ」をデジカメで撮影し写真を見ながら絵手紙に描きました。根茎に強いアルカイドを含む有毒植物のひとつで、強心、鎮痛作用を持つ薬草として使用されますが、使用量を誤ると命取りになります。花は独特な形をしています。「花言葉」・・・(心を傷つける言葉)です。晴天に恵まれ素晴らしい自然、、景色に出会えてとても楽しい一日を過ごせた事に感謝します。今日もお元気で素敵な一日をお過ごし下さいね。
[PR]
by katorea88 | 2007-08-27 10:00 |
f0124098_12143165.jpg皆さんこんにちは。古都・奈良のお天気は薄曇りです。お盆も過ぎ、日中はまだまだ残暑厳しいですが、朝晩は少しはしのぎ易くなりました。クマゼミやアブラゼミに混じってツクツクボウシやヒグラシが鳴き始めると強い日差しも影を深め秋の移ろいを感じます。今日は我が家の隅で咲いているユリに似ているが、夏の終わりがなぜか寂しい感じがする可憐な「夏水仙」をデジカメで撮影し写真を見ながら絵手紙に描きました。初夏に茎からヒガンバナ科に似た広線形の葉が出て、開花期には枯れます。8月頃から長い花茎を伸ばし、頂きにラッパ状の花が数個咲きます。花はスイセンやユリに似ていて美しく、鑑賞用に栽培されます。「俳句」「山田みづえ」”夏水仙すつくと大地熱を持つ”「花言葉」・・・(悲しき思い出)だそうです。午後の一時をお元気にお過ごし下さいね。
[PR]
by katorea88 | 2007-08-24 13:03 |
f0124098_1141315.jpg皆さんこんにちは。古都・奈良のお天気は快晴です。我が家の桜の木でヒグラシが涼しげな声で鳴き出しました。秋も野山に確実に訪れています。今日は我が家で初夏から長い間咲いている夏空に映える鮮やかな八重の「キョウチクトウ」をデジカメで撮影し写真を見ながら絵手紙に描きました。
江戸時代中期に渡来していた樹木で、現在は大気汚染に強いため各地で植えられています。花期は6月~9月と長く、夏の強い日差しに映える白やピンクの花は印象的です。寒さには弱いので注意が必要です。有毒植物で毒性は非常に強いです。枝等から出る白い汁は、口に入れたり、傷口に付けたりしない様に注意が必要です。「俳句」「平畑静塔」”夾竹桃ピカドンの日をさりげなく”「花言葉」・・・(危険な心)だそうです。今日も午後の一時をお元気でお過ごし下さいね。
[PR]
by katorea88 | 2007-08-22 12:12 |
f0124098_15261213.jpg
皆さんこんにちは。一昨年の9月30日に滋賀県の「伊吹山(1377m)」の駐車場迄車で行き、山頂迄徒歩で登りました。お天気は晴天でアキノキリンソウ、イブキトリカブト、オオイヌタデ、アザミ、タムラソウ、ツルニンジン、ミゾソバ、サラシナショウマ、カワラナデシコ、オミナエシ、リンドウ、ワレモコウ等珍しいお花に出逢えて素晴らしいでした。今日は風流な「リンドウ」を絵手紙に描きました。伊吹山のリンドウは強風に耐える為草丈は短く、雨や曇りの日は花は開かないそうです。「俳句」「富安風生」”山の日の片頬にあつき濃竜胆” 「花言葉」・・・(強い正義感)(誠実)だそうです。漢方では根を乾燥させた物を竜胆(りゅうたん)と呼び、食欲不振や消化不良等を解消する薬として用いられます
[PR]
by katorea88 | 2007-08-19 16:14 |
f0124098_14525536.jpg皆さんこんにちは。古都・奈良のお天気は快晴で現在の外気温は37℃で残暑厳しいです。今日は我が家のプラスチックの容器で咲いている爽やかで清涼感のある「ホテイアオイ」をデジカメで撮り基部の色が難しいので花と葉を摘んで来て見ながら絵手紙に描きました。アメリカの熱帯、亜熱帯地方が原産地です。九州の温暖地に自生するものもありますが、多くは池や水槽等で栽培されています。水中で長く根茎を伸ばして繁殖します。葉は円形で光沢があり、良く茂ります。葉柄の下部は海綿状で、空気を含んでふくらみ、浮きの用をなします。葉の間から花茎を伸ばして一日花を咲かせます。我が家の屋外の大きな金魚の水槽にも浮かしていて花が咲いています。「俳句」「富安風生」”布袋草美ししばし舟とめよ” 「花言葉」・・・(動きやすい恋)だそうです。今日もお元気でお過ごし下さいね。
[PR]
by katorea88 | 2007-08-17 15:27 |
f0124098_84840.jpg皆さんこんにちは。お盆如何お過ごしでしょうか?我が家で今年初めてレンコンから育てている八重の蓮の華がお盆を待ちかねた様に今朝5時頃に開花しました。デジカメで撮影し、写真を見ながら絵手紙に描きました。古都・奈良ではハスの葉にお供え物を盛りお仏壇や墓前にお供えします。ハスの蕾や実は仏花にあしらいます。蓮の華は西方極楽浄土の清らかなハスです。私は一年(365日)毎日欠かさず朝晩ご先祖様のお仏壇に仏花、ご飯、お茶、お水、ろうそく、線香をお供えし、家族が健康であります様にとお願いし合掌しています。今朝、今は亡き両親が家族の事を見守って下さっているかの様にお盆にお浄土から帰って下され不思議と蓮の華がパッと開花してくれたのだと信じています。お念仏を挙げ信仰すると家族が病気もせず、元気で過ごさせて頂けるのだと思っています。亡き両親には感謝の気持ちで一杯です。お金がいくらあっても病気になれば辛くて困りますよね。元気が1番です。今後も家族に尽くし困っている近所の老人の方や困っている人には親切にしてあげ、私に出来る事があれば助けてあげたいです。残暑のみぎり皆さんご自愛下さいね。
[PR]
by katorea88 | 2007-08-14 18:20 | 季節の行事
f0124098_17211468.jpg
皆さんこんにちは。今日の絵手紙は私のお気に入りの訪問着をイメージして描きました。お盆で帰省なされている方多いと思います。お客様をおもてなしする側は色々と気を遣って大変だと思います。私のお気に入りの今は亡き「坂村真民」さんの「詩」です。「愛を込めて」”遠くからこられる方たちだから 愛をこめてお迎えしよう どんな良い料理を用意しても 愛がこもっていなかったら 喜んで下さらないのだ 貧しい山菜の料理でも 心がこもっていたら どんなにおいしく 食べて下さることだろう 迎える家族の者の心が 何よりも御馳走なのだから 愛をこめて作りお迎えしよう 年に一度のこのお盆を ああ来てよかったと言って 帰られるように 楽しいものにしよう”我が家は帰省する来客がいないので寂しいです。
[PR]
by katorea88 | 2007-08-12 17:57 | 季節の行事
f0124098_2242048.jpg残暑お見舞い申し上げます。立秋とは言え厳しい暑さが続いております。秋が待ち遠しいです。今日は我が家の道端で咲いている爽やかで可憐な「ツユクサ」をデジカメで撮影し、摘んで来て実物を見ながら絵手紙に描きました。「万葉集」に”朝(あした)咲き夕は消ぬる月草の消ぬべき恋も我はするかも”と詠まれており、和歌でははかなさやうつろいやすさを恋心に託したものが多いです。中国から藍染めなどの染色技術が伝わる以前は、布や紙を染めるのに用いられていました。水に溶けやすい事を利用し、友禅の下絵を描くのに使用されます。ツユクサの変種であるオオバナボウシバナの花の絞り汁で和紙を染めた青花紙は滋賀県草津の特産品です。「花言葉」・・・(恋の心変わり)だそうです。今日もお元気で素敵な一日をお過ごし下さいね。
[PR]
by katorea88 | 2007-08-11 02:53 |