花と自然の散歩道 katorea88.exblog.jp

katorea(JG3LTQ)の花と自然の散歩道で、花や風景写真、自然現象等の写真がお気に入りです。


by katorea88
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー

<   2007年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

f0124098_22492085.jpg皆さん今晩は。もうすぐクリスマスですね。早くも、イルミネーションやクリスマスツリーなどが飾られています。住宅地などでは競い合って飾られています。我が家でも毎年パルコニーや木などにイルミネーションを飾っています。今は門前の大きな桜の木の葉の紅葉をライトアップしています。今日は「イルミネーション」を連想して絵手紙に描きました。クリスマスイブには毎年同級生のクリスマス演奏会があります。恩師と聴きに行きます。皆さん素敵なクリスマスをお過ごし下さいね~♪
[PR]
by katorea88 | 2007-11-29 23:21 | 季節の行事
f0124098_23183262.jpg皆さんこんばんは。先日スーパーへ行く途中で鮮やかで可憐な「キンセンカ」に目が留まりました。デジカメで撮影し今日絵手紙に描きました。南ヨーロッパ原産です。日本には中国を経て渡来したと言われ、観賞用に広く栽培されています。切り花や鉢植えとして親しまれ、仏花にもされます。茎の頭に花経5㎝程の赤みを帯びた黄色、淡黄色などの花を咲かせます。花は朝咲き、夕方には閉じます。冬咲きや大輪の花を付ける品種もあります。「俳句」「水原秋櫻子」”磯波の 泡波伸びつ 金盞花” 「花言葉」・・・(繊細な美しさ)だそうです。
[PR]
by katorea88 | 2007-11-27 23:41 |
f0124098_14511158.jpg皆さんこんにちは。昨日奈良市・ならまちの「史跡・元興寺小塔院跡」でひっそりと落ち葉の中から顔を出している芳香のする可愛らしい「サフランの花」に目が留まりました。デジカメで撮影し今日絵手紙に描きました。原産地は南ヨーロッパから小アジアです。日本へ渡来したのは文久年間(1861~1863)とされています。10~11月、新葉の間から伸ばした花茎の先に花片が6枚でラッパ形をした、淡い紫色の花を咲かせます。花のあと、松葉に似た葉を多数伸ばします。雌しべの中頭を採取し、乾燥させたものが香辛料のサフランです。「俳句」「鷹羽狩行」”サフランの 花をぐるりと 雨しぶき” 「花言葉」・・・(陽気)(喜び)(愉快)だそうです。皆さん連休中快晴で紅葉狩りなど楽しまれた事でしょうね~♪
[PR]
by katorea88 | 2007-11-25 15:30 |
f0124098_16271966.jpg
皆さんこんにちは。今日は近所の通路で咲いている色の変化のとっても美しい「八重咲きの薔薇」をデジカメで撮影し絵手紙に描きました。一重のカクテールは5月31日に描いています。花期は5~6月、9~11月、切り花用は1年中です。数多い花の中でも人気が高く、紀元前の昔から園芸化が進められ、膨大な数の品種と豊富な花色をもち、大輪で華やかな花から、可憐で可愛らしい花まで様々に楽しまれます。また切り花はキク、カーネーションに次ぐ生産量を誇ります。最近鉢植えではミニバラ、切り花では房咲きのスプレーバラに人気があります。「俳句」「池内友次郎」”薔薇の香に 伏してたよりを 書く夜かな” 「花言葉」・・・(愛)(美)だそうです。随分冷え込んで寒くなりましたね。お風邪などお召しになりませんように、気をつけられましてお元気で素敵な連休をお過ごし下さいね~♪
[PR]
by katorea88 | 2007-11-23 17:10 |
f0124098_1153156.jpg皆さんこんにちは。先日スーパーへ行く途中で初夏から長い時期咲いている八重の鮮やかで可愛らしい「インパチエンス」に目が留まりました。デジカメで撮影し今日絵手紙に描きました。原産地はアフリカ東部で、花期は6月~11月頃です。白、ピンク、朱色、赤など色鮮やかな花が咲きます。一重咲きや八重咲きがあります。花壇には勿論ハンギングバスケットに仕立てても楽しいです。大輪四季咲き、班入葉(ふいりば)種もあるニューギニア・インパチエンスもあります。「花言葉」・・・(短気)だそうです。奈良公園は紅葉の見頃が遅れていて場所により紅葉しています。今日も午後の一時をお元気でお過ごし下さいね。
[PR]
by katorea88 | 2007-11-21 12:21 |
f0124098_13543844.jpg
皆さんこんにちは。今日は我が家の前の駐車場でたわわに実っている甘い香りの「花梨の果実」をデジカメで撮影し絵手紙に描きました。原産は中国東部で、日本への渡来時期は不明です。花期は3月頃で5枚の花片からなるピンク色の可愛らしい花が咲きます。果実は黄色で甘い香りがして10~11月頃に収獲されます。カリンに含まれる成分は咳や喉の炎症に効くとされのど飴に配合されています。果実は堅いため生食には適さず、砂糖漬け、ハチミツ漬け、ジャム、カリン酒などに加工されます。「俳句」「柴田白葉女」”花榠櫨の 紅濡れて とつぷりと暮る”今日もお元気で素敵な一日をお過ごし下さいね~♪
[PR]
by katorea88 | 2007-11-20 08:15 | 果実
f0124098_14513780.jpg皆さんこんにちは。先日奈良公園周辺の「子規の庭」を訪れました。庭園には「子規の句碑」があり当時に詠まれた柿もたわわに実っていました。子規が詠まれた菊もあちら、こちらで咲いていました。一重咲きの可憐な「スプレー菊」をデジカメで撮影して絵手紙に描きました。桜と並び日本を代表する花の一つですね。奈良時代の初め頃、中国から渡来したと考えられます。中国では菊の花を使った菊酒を不老長寿の霊薬と考え、、旧暦の九月九日の重陽の節句には菊酒を飲んで邪気を祓いました。この風習は日本にも伝わりました。花の色は黄色、白色、紅色などがあり、咲き方も一重咲きや八重咲きなどがあります。「俳句」「正岡子規」”夏菊や 土蔵の陰に 痩せてけり”「花言葉」・・・(高貴)(清浄)だそうです。右サイドバーの「絵手紙」をクリックして応援宜しくお願い致します~♪
[PR]
by katorea88 | 2007-11-17 15:37 |
f0124098_8255024.jpg皆さんおはようございます。先日、京都大学・宇治キャンパスで遠目からでも良く目立つ、見上げるような大木の美しい大きな葉の秋空に映える黄葉の美しい「百合の木」に目が留まりました。高さ10メートル、4階建て位の高さの大木です。黄葉が太陽の光に透けてとっても綺麗です。黄葉の葉を拾って来て早速絵手紙に描きました。北アメリカ原産です。5月頃にチューリップのような大きな黄色の花が咲きますが、花は高い枝の上で、茂った葉の上に咲くので気づきにくいです。花から多量の蜜がとれます。昔インディアンはこの木を切り倒してカヌーを作ったらしくて、そのため今ではユリノキがなくなってしまったとも言われています。明治23年、のちの大正天皇が皇太子の頃に小石川の植物園を訪れ、そこにある日本最古のユリノキ種の木を見て、その木を「百合の木」と命名したとされています。別名「はんてんぼく」葉が半纏のような形なので「チューリップの木」花の形から「奴凧(やっこだこ)の木」葉の形から「軍配(ぐんはい)の木」葉の形からとも呼ばれています。”百合の木の 高さに咲ける 花仰ぐ 百合の木の花 うすみどりして”「園志比」今日もお元気で素敵な一日をお過ごし下さいね~♪
[PR]
by katorea88 | 2007-11-15 09:39 | 紅葉
f0124098_1352258.jpg皆さんこんにちは。先日奈良市・ならまちを散策しました。「十輪院」で晩秋の季節に貴重な鮮やかで可憐な「つわぶき(石蕗)の花」に目が留まりました。デジカメで撮影し今日絵手紙に描きました。本州の中部以西、四国、九州、沖縄の海岸付近に自生します。又、鑑賞用に栽培され、庭などに植えられています。葉は幅20㎝程の蕗の葉に似た腎臓形で、光沢があります。10~12月頃に花茎を伸ばして、黄色い花を付けます。庭園の石の側で咲いているのを見かけます。茶室の庭に似合うお花だと思います。「俳句」「正岡子規」”庭に干す 土人形や 石蕗の花”「花言葉」・・・(よみがえる愛)だそうです。今日も午後の一時をお元気でお過ごし下さいね~♪
[PR]
by katorea88 | 2007-11-13 13:33 |
f0124098_173217.jpg
皆さん今晩は。昨日京都府・宇治駅の近所で彼岸花に良く似た可憐な「ネリネ」に目が留まりました。デジカメで撮影し今日絵手紙に描きました。ネリネはヒガンバナ科の多年草です。花期は10月~12月頃で、原産地は南アフリカで主にイギリスで品種改良されました。日本には大正時代の末期に渡来し、名前はギリシャ語の海の女神にちなんで、英名「ダイヤモンド・リリー」とも呼ばれています。彼岸花に似ていますが花茎が中空でなく、花も小さいです。又、花の咲く時に葉も出ます。葉は線形で翌年の初夏まで残り、一本の茎に10輪位花を付けます。花色は白、ピンク、赤、朱色、サーモンピンク色等があります。花びらには光沢があり、花茎は5~6㎝位です。「花言葉」・・・(華やか)(繊細でしなやか)だそうです。
[PR]
by katorea88 | 2007-11-09 17:59 |