花と自然の散歩道 katorea88.exblog.jp

katorea(JG3LTQ)の花と自然の散歩道で、花や風景写真、自然現象等の写真がお気に入りです。


by katorea88
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2008年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

f0124098_1392352.jpg皆さんこんにちは。先日山桜やミツバツツジなどが咲いているかなぁ~と思い奈良市・山間部・山添村の神野山(こうのやま)を訪れました。一面の茶畑の緑色とミツバツツジのピンク色のコントラストがとても美しいでした。神野山には多種のスミレが咲いていました。一番印象的で可愛らしい「ニオイタチツボスミレ(匂立坪菫)」を絵手紙に描きました。スミレ科で日本原産です。名前の由来は草姿がタチツボスミレに似ていて香りがあるからです。地味なものが多いタチツボスミレの仲間で、最も華やかなスミレです。花は直径1,5㎝~2㎝で、花弁が重なるように咲き、色も濃紫色~紫紅色と鮮やかです。葉の中心部の白い部分がはっきりしているのも特徴です。北海道~四国、九州に分布し山地の日なたに生育します。「花言葉」・・・(よく似た人だから)だそうです。
[PR]
by katorea88 | 2008-04-25 13:41 |
f0124098_1431482.jpg皆さんこんにちは。今日は我が家の前の駐車場で上向きに咲いている小花の可愛らしい「カリンノハナ(榠櫨の花)」を絵手紙に描きました。バラ科で中国原産で「別名」(からぼけの花)(西洋榠櫨)(メドラー)と言います。日本へは江戸時代に渡来したとされています。庭木や盆栽として栽培されています。4~5月、枝先に径3㎝ほどの淡紅色の五弁花を一つずつ付けます。果実は楕円形で10月頃に黄色く熟します。「かりん」と言えば秋の季語になります。果実は芳香があり、生食は出来ないがかりん酒や砂糖漬けなどに利用されます。
[PR]
by katorea88 | 2008-04-19 14:55 |
f0124098_1112942.jpg
皆さんこんにちは。昨年は我が家の花壇で一面の様々なチューリップが咲き、秋にはコスモスが咲きこぼれ種が残っていますので、来秋咲かせたいと思い今年はプランターで育てました。こぼれ種で沢山のコスモスの芽が出ています。楽しみです~♪チューリップは「プーケ・アレンジ」と言う名前の球根で様々な品種のチューリップが咲いています。黒紫色の珍しいチューリップも咲いています。今日はお気に入りの花径18㎝もある牡丹のような華やかなチューリップと百合のような可憐なチューリップを絵手紙に描きました。ユリ科で別名「ボタンユリ(牡丹百合)」「ウコンコウ(鬱金香)」と言います。小アジア原産で、世界中で広く栽培され、多くの園芸品種があります。3~5月、葉の中央から伸びた茎の先に大きな6弁の花をさかせます。花は赤、白、黄、橙、紅、紫などの色があり、形態も絞り、班入り、八重咲きなど多種多様です。「花言葉」(名声)(博愛)だそうです。
[PR]
by katorea88 | 2008-04-16 11:39 |
f0124098_12473776.jpg皆さんこんにちは。春真っ盛り野山では野草が咲き出しましたね。我が家の庭や道端などで沢山咲いています。今日はそよ風でゆらゆらと揺れる情熱的な「ナガミヒナゲシ(長実雛罌粟)」を絵手紙に描きました。ケシ科の1年草で原産地は地中海沿岸から中欧にかけてです。帰化植物で1961年東京都・世田谷区で初めて確認され、以後群馬県、福岡県などにも分布が広がり、現在は温暖な都市周辺に繁殖しています。アルカリ土壌を好むらしく、コンクリートによってアルカリ化した路傍や空き地や植え込みなどで繁殖しているのが良く見られます。「花言葉」・・・(癒し)(慰め)(安らぎ)などだそうです。
[PR]
by katorea88 | 2008-04-14 13:09 |
f0124098_2223742.jpg
皆さんこんにちは。古都・奈良は初夏を思わせるような穏やかなお天気で小鳥達が♪ピーチク~パーチクとさえずっています。昨日奈良市・ならまちを散策していると枝垂れの鮮やかな黄色の「ヤマブキノハナ(山吹の花)」に目が留まりました。今日絵手紙に描きました。バラ科で日本各地の山野に自生し、特に渓流沿いに多く見られ、鑑賞用に広く栽培されています。若い枝は緑色、葉には鋭いぎざぎざがあります。4月~5月頃に花径4~5㎝の濃黄色の5弁花をつけます。山吹色とはこの花の色からつきました。園芸品種に八重咲きで実を付けないヤエヤマブキ、ヤマブキとは別属だが白い4弁花をつけるシロヤマブキなどがあります。農家で簑を借りようとした所、山吹を一枝差し出されたと言う伝説で有名な”七重八重花は咲けども山吹の実の一つだになきぞかなしき”は「後拾遺集」の兼明親王の歌です。「花言葉」(気品)(崇高)だそうです。素敵な花言葉ですよね。
[PR]
by katorea88 | 2008-04-12 15:49 |
f0124098_11305591.jpg皆さんこんにちは。先日奈良市・佐保川沿いを散策していると、爽やかな花色で可憐な「ツルニチニチソウ」に目が留まりました。今日絵手紙に描きました。キョウチクトウ科で別名「ツルギキョウ」と言います。南ヨーロッパ、北アフリカ、西アジア原産です。花期は3~5月頃で鉢植えや庭植えなどに使用されます。蔓日々草と言う名前のとおり、長い蔓が伸びて、春に淡紫色の花を咲かせます。光沢のある葉もなかなか綺麗ですが、班入りの品種もあります。寒さに強く、性質もきわめて丈夫で栽培し易い宿根草です。「花言葉」(楽しい思い出)だそうです。
[PR]
by katorea88 | 2008-04-09 11:50 |

ハナモモ

f0124098_15405033.jpg皆さんこんにちは。我が家の大木のソメイヨシノも長く楽しまれましたがようやく花吹雪になり舞い散り始めました。新緑の季節を迎えツツジの蕾も膨らんで来ました。今日は近所の公園で遠目からでも目立つ鮮やかで華やかな「ハナモモ」を絵手紙に描きました。バラ科で中国北部原産です。ひな祭り(桃の節句)に欠かせない花も、もともとは薬用として中国から渡来したものです。一般に果実を食用にするものをモモと呼び、観賞用にする品種をハナモモと呼びます。ハナモモには八重咲きや菊咲きのもの、枝が枝垂れるものや箒立ちなど数多くの品種があります。食用品種は白桃や白鳳などの品種があり、福島県や長野県、岡山県などで多く栽培されています。「花言葉」(恋いのとりこ)(気立てのよさ)(チャーミング)(あなたに夢中)などだそうです。
[PR]
by katorea88 | 2008-04-06 16:24 |

マーガレット

f0124098_1134257.jpg皆さんこんにちは。春爛漫の季節、我が家の大木のソメイヨシノ(染井吉野)も満開になりました。今夜ライトアップの桜の下でお花見しながらお食事しようと思っています。今日は奈良市、小西通りや舟橋通りの植え込みで咲いている愛らしい「マーガレット」を絵手紙に描きました。キク科で別名「キダチカミツレ」と言います。原産地はカナリー諸島で花期は3~5月頃です。花壇、鉢植え、切り花に使用されます。春から初冬にかけて真っ白な清楚な花を咲かせるので人気があります。白色の一重咲きの他、黄色やピンク、八重咲きもあります。我が家のはピンク色の八重咲きです。どんな草花とも合うので混色しても、まとめて植えても美しく、花壇に最適です。「花言葉」(恋占い)(誠実)等だそうです。
[PR]
by katorea88 | 2008-04-04 11:56 |

ムスカリ

f0124098_11585027.jpg
皆さんこんにちは。今日は我が家の花壇や道端で毎年咲いているブドウの房のような可憐な「ムスカリ」を絵手紙に描きました。ユリ科で別名「グレープ・ヒヤシンス」とも言います。地中海沿岸、欧州、西南アジアが原産です。花壇、鉢植え、切り花に利用されます。ムスカリは鮮やかな青紫色の印象的な植物です。単体ではあまりぱっとしませんが寄せ植えにすると存在感があります。とても丈夫な植物で2~3年は植えぱなしでも問題はありません。日当たりの良い所で育てましょう。「花言葉」(失望)(失意)だそうです。
[PR]
by katorea88 | 2008-04-02 12:15 |