花と自然の散歩道 katorea88.exblog.jp

katorea(JG3LTQ)の花と自然の散歩道で、花や風景写真、自然現象等の写真がお気に入りです。


by katorea88
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2008年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

f0124098_22562536.jpg皆さん今晩は。自宅前の駐車場でピンク色の可憐な「オオムラサキツユクサ」が群生して咲いています。我が家のは青紫色のムラサキツユクサ(紫露草)で昨年絵手紙に描いています。今日は「オオムラサキツユクサ」を絵手紙に描きました。ツユクサ科で北アメリカ原産の帰化植物です。明治の初め渡来し野生化しています。朝開花し午後にはしぼんでしまいますが、茎の先に多数の蕾を付け青紫色の花が次々と咲いてくれます。仲間のオオムラサキツユクサは葉の幅が広く、ピンク色や白色があります。「花言葉」・・・(快活)(尊敬)(ひとときの幸せ)などだそうです。
[PR]
by katorea88 | 2008-05-31 23:21 |
f0124098_11415655.jpg皆さんこんにちは。我が家のコスモス畑や石垣の下で見逃してしまいそうな可憐な小花で色鮮やかな「ヒナキキョウソウ(雛桔梗草)」が咲いています。今日絵手紙に描きました。帰化植物で普通は花びらが5枚なのですが見つけたのは6枚です。不思議に思いPCであちこち検索しますと6枚の花びらの奇形もあるそうです。花径は1~1,5㎝程、茎丈は10~25㎝位でひょろひょろとした花です。微風でもゆらゆらと揺れるので撮影するのに苦労しました。茎の途中の葉の脇にも蕾らしいものが幾つも付いているのに咲いているのを見た事がないです。調べて見ると殆どの場合咲くのは頂上花だけでその他は閉鎖花で自然受粉するのだそうです。良く似た名前の花にヒナギキョウとキキョウソウがあります。キキョウソウは花姿も良く似ていますが背が高い事、花を段々に咲かせる事です。葉が卵形で茎を囲む事などヒナキキョウソウと異なります。
[PR]
by katorea88 | 2008-05-27 12:11 |
f0124098_1210121.jpg皆さんこんにちは。4月28日に五條市・金剛寺を訪れた時に色彩の鮮やかな「ホオベニエニシダ(頬紅金雀枝)」を買って来ました。群がるように枝いっぱいに鮮やかな小花が咲き、今はきぬさやのような扁平の種を付けています。今日は我が家の「ホオベニエニシダ」を絵手紙に描きました。マメ科でヨーロッパ原産です。黄金色をした蝶形の花を枝垂れた枝に枝いっぱいに咲かせ、春風にゆらゆらとさざめきます。庭木や公園樹だけでなく、緑化樹や砂防樹としてまで利用されます。花期は4月~5月で、花色は黄色の印象が強いですが、赤が混じるものや、ピンク、白の品種もあります。金剛寺でピンク色も咲いていました。
[PR]
by katorea88 | 2008-05-24 12:46 |
f0124098_23473725.jpg自宅前の駐車場で可愛らしいモモイロヒルザキツキミソウ(桃色昼咲月見草)とアカバナユウゲショウ(赤花夕化粧)が群生して咲いています。今日は「桃色昼咲月見草」を絵手紙に描きました。アカバナ科で別名「ヒルザキツキミソウ」と言います。桃色昼咲月見草は北米原産の帰化植物で大正時代に渡来したもので花壇などで植えていますが、野生化したものが多く見られます。月見草は昼間しぼむのに対して昼間に開花するのでヒルザキツキミソウの名がついたそうです。標準和名は「モモイロヒルザキツキミソウ」でヒルザキツキミソウは白花種を指すそうです。「花言葉」・・・(自由な心)だそうです。
[PR]
by katorea88 | 2008-05-21 00:11 |
f0124098_1822976.jpg皆さん今晩は。先日五條市・金剛寺で片隅でひっそりと咲いているオダマキの様な花姿をした可憐な花に目が留まりました。名札を見ると「クレマチス・マクロペテラ」でした。絵手紙に描きましたが花びらがとっても繊細なのでややこしくて手間でした。キンポウゲ科で原産地はシベリア、中国です。青紫色が美しい小輪多花性のクレマチスです。花は鐘状で下向きに咲きます。花弁は萼と同じ長さで先端が尖っており4枚ですが、雄しべが弁化して八重咲き状になっている系統が流通しています。欧米ではかなり作られている種類だそうです。
[PR]
by katorea88 | 2008-05-17 18:29 |
f0124098_2230292.jpg皆さん今晩は。明日は母の日ですよね。今日は両親のお仏壇にいつも私達家族の事を見守ってくれている母に感謝の気持ちを込めて様々な花色のカーネーション、トルコキキョウ、カサブランカなどをお供えしました。一番お気に入りの大輪で華やかな優しい色の「カーネーション」を絵手紙に描きました。ナデシコ科で南ヨーロッパ、西アジア原産で別名オランダセキチクと言います。5月の母の日を中心に出回り、切り花の出荷量はキクに次いで多いです。花壇や鉢植えに向くのは丈夫で寒さに強いボーダー系です。切り花は1茎大輪咲きのスタンダードタイプから最近は枝分かれするスプレータイプが増えています。「花言葉」・・・(女性の愛)(清らかな愛)だそうです。
私がお気に入りの今は亡き「坂村真民」さんの詩を紹介します。
     「こちらから」
 こちらからあたまをさげる
 こちらからあいさつをする
 こちらから手を合わせる
 こちらから詫びる
 こちらから声をかける
 すべてこちらからすれば
 争いもなく
 なごやかにゆく
 こちらからおーいと呼べば
 あちらからもおーいとこたえ
 あかん坊が泣けば
 お母さんがとんでくる
 すべて自然も人間も
 そうできているのだ
 仏さまへも
 こちらから近づいてゆこう
 どんなにか喜ばれる事だろう

 
[PR]
by katorea88 | 2008-05-10 23:05 | 季節の行事

ボタン(牡丹)

f0124098_23574514.jpg先日、実家の母の祥月命日でお墓参りに帰りました。若くにして亡くなり来年27回忌を迎えます。母が健在でしたらおしゃれして私と旅行やショッピングなど楽しんでいただろうと毎日ように母と過ごした思い出は忘れられなく悲しいです。実家には誰も住んでいなく庭園ではひっそりと両親が植えたツツジや牡丹やアイリスなどが咲いていました。お墓参りを終えてから昨年訪れた五條市の「金剛寺」ヘシャクナゲ、ボタン、ジャーマンアイリスなどを鑑賞して来ました。様々な花が咲き誇っていてとっても素敵でした。一番印象的なシフォンのワンピースに似合いそうな可愛い花色の「ボタン(牡丹)」を絵手紙に描きました。ボタン科で中国西北部が原産です。日本には古くから渡来し、鑑賞用に栽培されて来ました。晩春から初夏にかけて新しく伸びた枝の先に10~20㎝程の大きな花を一つ付けます。花は重弁で、色の変化も多いです。野生種は白、あるいは淡紅色、栽培種では黄、紅、紫色など多種です。”立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花”と言いますよね。「花言葉」・・・(富貴)(壮麗)などだそうです。
[PR]
by katorea88 | 2008-05-06 00:46 |

ステンドグラス

f0124098_1062871.jpg
皆さんおはようございます。先日レストランで鮮やかで色彩の美しい窓の幾何学模様のステンドグラスに目が留まりました。以前から絵手紙に描きたいと思っていたのでとっても嬉しいでした。幾何学模様を連想して自己流に今日絵手紙に描きました。ステンドグラスには鮮やかな色彩やシックな色彩などがありますよね。どちらもお気に入りです。ステンドグラスは工学形の断面を持つ鉛のリムを用いて着色ガラスの小片を結合し、絵や模様を表現した物です。ガラスに金属酸化物を混入することで着色しています。教会堂や西洋館の窓の装飾に多く用いられています。又、窓パネル、ランプ、寝室のスタンドランプ、インテリアなどにも使用されています。以前に訪れた長崎市の「大浦天主堂」「グラバー邸」など有名で素敵でした~♪ステンドグラスや万華鏡に興味があり是非作りたいです。
[PR]
by katorea88 | 2008-05-02 10:41 | その他